高濃度炭酸シャンプー(ルメント)の特徴を説明します。

サイトマップ

高濃度炭酸シャンプーはどのように良いのか?

★血行促進★

炭酸水といえば、小さな泡がたくさん含まれた液体です。この小さな泡の正体が「炭酸ガス」(二酸化炭素)です。
炭酸ガスは小さな分子なので、炭酸水を頭皮につけると皮膚から毛細血管に入っていきます。毛細血管の中では、入ってきた炭酸ガスを異物(老廃物)とみなして洗い流そうとする働きが起こります。
その結果、血管が広がり、血液の循環が活発になります。それが「血行促進」につながるというワケなのです。
血行がよくなると、毛根に栄養や酸素がよりたくさん運ばれるようになり、地肌の代謝を高め、柔らかく健康的な肌へと整えることが可能となるのです。



★老廃物・汚れの除去★

炭酸水は、炭酸の細かい泡で汚れを浮かび上がらせたり、たんぱく質を吸着したりする働きをします。
頭皮には皮脂や古い角質など体内から分泌されたものが付着していたり、水道水に含まれているカルシウムイオンやシャンプーに含まれているシリコンなどが溜まっている場合もあります。
これらが過剰だと頭皮のベタ付きや、フケ、痒みの原因になります。
また分泌された脂質が酸化する事で「過酸化脂質」という害の強い物質に変化し、これにより髪の発育が阻害されたり、ニオイの原因にもなるのです。
これらの老廃物はシャンプーでもある程度は落とせますが、頭皮にくっついてそのまま毛穴にたまることがあります。
炭酸の泡は、そんな余分な汚れや付着物をキレイに浮かせて洗い流す効果が高いと言われているのです。
その高密度な泡が毛根や地肌の隅々にまで入り込んで、汚れを浮かせる働きをするのです。
炭酸は頭皮を傷つけたり、角質を溶かして汚れを除去するものと異なり、頭皮や髪にダメージを与えません。



★弱酸性★

炭酸水は弱酸性です。炭酸の成分が髪や頭皮に触れることで、髪の毛のph(ペーハー)を弱酸性に導いてくれます。
カラーやパーマをしたての髪はアルカリ性。これが数日を経て髪本来の健康的な弱酸性(pH4.5〜5.5)に戻っていきます。髪をなるべく早く弱酸性に戻す事で、カラーやパーマを定着しやすくしたり、もちをよくする効果があります。







「ルメント シャンプー【最安値で購入するならこちら!】」について

高濃度炭酸シャンプー「ルメント」。楽天売り上げランキングで1位を獲得、多くの芸能人が愛用していることでも注目されています。3日に1度のスペシャルケアで髪と頭皮の悩みが解決できます。今なら初回半額キャンペーン中。どこよりも安く購入するならこちら!!

Copyright © ルメント シャンプー【最安値で購入するならこちら!】. All rights reserved